中人以上には、以て上を語ぐべきなり

子曰、中人以上、可以語上也、中人以下、不可以語上也、

子の曰わく、中人(ちゅうじん)以上には、以て上(かみ)を語(つ)ぐべきなり。中人以下には、以て上を語ぐべからざるなり。

現代語訳

先生がおっしゃった。天分や能力が中程度以上の人にはその上ことを教えるべきである。天分や能力が中程度以下の人にはその上のことを教えるべきでない。(教える内容は、相手によってさじ加減が必要だ)

語句

■中人 天分や能力が中程度の人。

前の章「これを知る者はこれを好む者に如かず」|次の章「仁者は難きを先にして獲るを後にす

現代語訳・朗読:左大臣光永