文質彬彬として然る後に君子なり

子曰、質勝文則野、文勝質則史、文質彬彬、然後君子、

子の曰く、
質、文に勝てば則ち野、
文、質に勝てば則ち史。

文質彬彬として、然る後に君子なり。

現代語訳

先生がおっしゃった。
どんなに中身が良くても外見がひどければ野蛮人だし、
外見ばかりで中身が無いのは文書官にしかなれない。
中身と外見がほどよく調和してこそ、君子と言えるのだ。

語句

■質 中身。 ■文 飾り。外見。 ■野 野蛮人。 ■史 文書官。不正が多く誠実で無いという意味から、ここでは否定的な意味。 ■彬彬 物が交わって調和している様子。

前の章「誰か能く出ずるに戸に由らざらん」|次の章「人の生くるは直し

現代語訳・朗読:左大臣光永