誰か能く出ずるに戸に由らざらん

子曰。誰能出不由戸。何莫由斯道也。

子の曰わく、誰か能く出ずるに戸に由らざらん。何ぞ斯(こ)の道に由ること莫(な)きや。

現代語訳

先生がおっしゃった。誰が外に出るのに戸口を通らない者があるだろうか。だれでも外に出るには戸口を通らなければならない。同じように、人が生きるには、かくあるべき道理を通らなければならないのに、通る者がいない。どういうわけか。嘆かわしい。

語句

■戸 戸口。 ■斯の道 かくあるべき道理。

前の章「祝ダの佞あらずして宋朝の美あるは」|次の章「文質彬彬として然る後に君子なり

現代語訳・朗読:左大臣光永