賢なるかな回や

子曰、賢哉回也、一箪食、一瓢飮、在陋巷、人不堪其憂、回也不改其樂、賢哉回也、

子の曰わく、賢なるかな回や。一箪の食(し)、一瓢(ぴょう)の飲(いん)、陋巷(ろうこう)に在り。人は其の憂いに堪えず、回や其の楽しみを改めず。賢なるかな回や。

現代語訳

先生がおっしゃった。偉いものだ回は。わりご一杯のめしと、ひさご一杯の飲物で、狭い路地の家に住んでいる。他の者ならその憂いに堪えられなくなるだろう。しかし回はその楽しみを改めない。偉いものだ回は。

語句

■回 孔子の愛弟子顔淵。 ■一箪の食 竹の器一杯のめし。 ■一瓢の飲 ひさご一杯の飲物。 ■陋巷 せまい路地。

前の章「命なるかな。斯の人にして斯の疾あること」|次の章「力足らざる者は中道にして癈す

現代語訳・朗読:左大臣光永