子、仲弓を謂いて曰わく

子謂仲弓曰、犂牛之子、騂且角、雖欲勿用、山川其舎諸、

子、仲弓を謂いて曰わく、犂牛の子、騂(あか)くして且つ角(つの)あらば、用うること勿らんと欲すと雖ども、山川其れ舎(す)てんや。

現代語訳

先生が弟子の仲弓を評しておっしゃった。まだら牛は神に捧げる供え物にはできないといっても、その子が赤く、かつ角があるならば、生贄にささげる人はいなくても、山の神・川の神はどうして受け取らないことがあろうか。(生まれの問題ではない。仲弓は賤しい出身だが、本人に徳があるのだから、生まれに関係なく必ず用いられるであろう)

語句

■仲弓 孔子の門人 冉求。 ■犂牛 毛色のまだらな牛。 ■騂 赤。この時代の人々は赤牛をありがたがったので、神に捧げる供え物としては赤牛が使われた。 ■山川 山の神・川の神。

前の章「以て爾が隣里郷党に与えんか」|次の章「回や其の心三月仁に違わず

現代語訳・朗読:左大臣光永