吾れ未だ能く其の過ちを見て内に自ら訟むる者を見ざるなり

子曰、已矣乎、吾未見能見其過、而内自訟者也、

子の曰わく、已んぬるかな、吾れ未だ能く其の過ちを見て内に自ら訟むる者を見ざるなり。

現代語訳

先生がおっしゃった。もうおしまいだあ。私は未だよく自分の過ちを理解して、心の中で自ら責める人を見たことが無い。

語句

■已んぬるかな もうおしまいだ。絶望だ。

前の章「老者はこれを安んじ、朋友はこれを信じ、少者はこれを懐けん」|次の章「丘の学を好むに如かざるなり

現代語訳・朗読:左大臣光永