老者はこれを安んじ、朋友はこれを信じ、少者はこれを懐けん

顏淵季路侍、子曰、盍各言爾志、子路曰、願車馬衣輕裘、與朋友共、敝之而無憾、顏淵曰、願無伐善、無施勞、子路曰、願聞子之志、子曰、老者安之、朋友信之、少者懷之、

顔淵・季路侍(じ)す。子の曰わく、蓋(なん)ぞ各各(おのおの)爾(なんじ)の志しを言わざる。子路が曰わく、願わくは車馬衣裘、朋友と共にし、これを敝(やぶ)るとも憾(うら)み無けん。顔淵の曰わく、願わくは善に伐(ほこ)ること無く、労を施すこと無けん。子路が曰わく、願わくは子の志を聞かん。子の曰わく、老者はこれを安んじ、朋友はこれを信じ、少者はこれを懐けん。

現代語訳

顔淵と季路が先生のおそばに控えていた。先生がおっしゃった。どうして各人の志を言わないのか。志を言いなさい。

子路が言った。願はくは車や馬、衣や外套を朋友と共にし、その朋友が衣を破っても恨みごとを言わないことです。

顔淵が言った。願はくは善をおこなっても誇ることなく、また人に苦労をかけないようありたいです。

子路が言った。願はくは先生のお考えをお聞きしたいものです。

先生がおっしゃった。老人からは安心されるように。友人からは信じられるように。年少者
からは慕われるようになりたい」

語句

■顔淵 孔子の門人顔回。字は子淵。 ■季路 子路のこと。末っ子をあらわす季をつけた。
■衣裘 衣や外套。■労を施す つらいことを人に及ぼす。「施」を「ほこる」と読み、人に施しをしたのを誇る、と見る説も。

前の章「巧言令色、足恭なるは、左丘明これを恥ず」|次の章「吾れ未だ能く其の過ちを見て内に自ら訟むる者を見ざるなり

現代語訳・朗読:左大臣光永