子路、聞くこと有りて

子路有聞、未之能行、唯恐有聞、

子路、聞くこと有りて、未だこれを行なうこと能わざれば、唯だ聞く有らんことを恐る。

現代語訳

子路はよい行いを聞くことがあって、まだその良い行いを実行に移せないうちは、新しく良い行いを聞くことを恐れた。それくらい、善を行うのに熱心な人であった。

語句

■聞くこと 良い行い。善行・善言を聞くという意味。

前の章「夫子の性と天道とを言うは」|次の章「敏にして学を好み、下問を恥じず

現代語訳・朗読:左大臣光永