人の諸れを我れに加えんことを欲せざるは

子貢曰、我不欲人之加諸我也、吾亦欲無加諸人、子曰、賜也、非爾所及也、

子貢が曰わく、 我れ人の諸れを我れに加えんことを欲せざるは、
吾れ亦た諸れを人に加うること無からんと欲す。
子の曰わく、
賜や、爾の及ぶ所に非ざるなり。

現代語訳

子貢が言った。
「私は自分がされてイヤなことは人にするまいと思います」

先生がおっしゃった。
「賜よ、お前にできることでは無い」

前の章「吾れ未だ剛者を見ず」|次の章「夫子の性と天道とを言うは

現代語訳・朗読:左大臣光永