吾れ斯れをこれ未だ信ずること能わず

子使漆彫開仕、對曰、吾斯之未能信、子説、

子、漆彫開(しつちょうかい)をして仕えしむ。対(こた)えて曰わく、吾れ斯れをこれ未だ信ずること能わず。子説(よろこ)ぶ。

現代語訳

先生が漆彫開を任官させようとなさった。漆彫開がこれに答えて言うことに、私はまだ修行中で自分の徳や学問を信じることができません。先生は、漆彫開の向学心の高いことを喜ばれた。

語句

■漆彫開 孔子の門人。姓が漆彫。名が啓。字が子若。■仕えしむ 任官させる。

前の章「焉んぞ佞を用いん」|次の章「由や、勇を好むこと我れに過ぎたり

現代語訳・朗読:左大臣光永