君子なるかな、かくのごとき人

子謂子賤、君子哉若人、魯無君子者、斯焉取斯、

子、子賤を謂わく、君子なるかな、若(かくのごと)き人。魯に君子なかりせば、斯(こ)れ焉(いず)くにか斯れを取らん。

現代語訳

先生が子賤についておっしゃった。君子だね。こういう人物は。しかし魯に君子がなければ、いかな子賤といっても、どこから徳を得ることができただろう。

語句

■子賤 孔子の弟子。姓はフク、名は不斉、子賤は字。

前の章「南容を謂わく」|次の章「女(なんじ)は器なり

現代語訳・朗読:左大臣光永