南容を謂わく

子謂南容。邦有道不廃。邦無道免於刑戮。以其兄之子妻之。

子、南容を謂わく、邦に道あれば廃てられず、邦に道なければ刑戮に免かれんと。其の兄の子を以てこれに妻(めあ)わす。

現代語訳

先生が南容についておっしゃった。治まっている道理のある世の中なら南容は棄てられないし、乱れた世でも刑罰にあうことはないと、孔子の兄の子を南容に嫁がせた。

語句

■南容 孔子の門人。姓は南容。名はトウ。またはカツ。字は子容。 ■邦に道あり 国内が道理にかなったよい方向で整えられていることで、治世。■邦に道なし 国内に道理が無いこと。乱世。 ■刑戮 刑罰。死刑。

前の章「公冶長を謂わく」|次の章「君子なるかな、かくのごとき人

現代語訳・朗読:左大臣光永