公冶長を謂わく

子謂公冶長、可妻也、雖在縲絏之中、非其罪也、以其子妻之、子謂南容、邦有道不廃、邦無道免於刑戮、以其兄之子妻之、

子、公冶長を謂わく、妻(めあ)わすべきなり。縲絏(るいせつ)の中に在りと雖(いえ)ども、其の罪に非ざるなりと。其の子を以てこれに妻わす。

現代語訳

先生が公冶長についておっしゃった。妻を取らせるべきだ。かつて投獄されていたといっても、彼の罪ではないのだと、孔子の娘を公冶長に嫁がせた。

語句

■公冶長 孔子の門人。姓は公冶。名は長。字は子長。魯の人とも斉の人とも。 ■縲絏 「縲」は黒い縄。「絏」はつなぐ。獄中で在任が黒い縄につながれたことから。獄中にあること。

前の章「君に事うるに数々すれば」|次の章「南容を謂わく

現代語訳・朗読:左大臣光永