古者、言をこれ出ださざるは

子曰、古者、言之不出、恥躬之不逮也、

子の曰わく、古者(こしゃ)、言(げん)をこれ出ださざるは、躬(み)の逮(およ)ばざるを恥じてなり。

現代語訳

先生がおっしゃった。昔の人が軽々しく言葉を口にしなかったのは、その言葉に行動が伴わないことを恥じたからだ。

前の章「父母の年は知らざるべからず」|次の章「約を以てこれを失する者は鮮なし

現代語訳・朗読:左大臣光永