父母の年は知らざるべからず

子曰、父母之年、不可不知也、一則以喜、一則以懼、

子の曰わく、
父母の年は知らざるべからず。
一は則ち以て喜び、一は則ち以て懼(おそ)れる

現代語訳

先生がおっしゃった。
両親の年齢は、必ず覚えておかないといけない。
一つは長生きを喜ぶため、一つは老いを気遣うために。

語句

■知る 記憶する。覚えておくこと。

前の章「三年、父の道を改むること無きを、孝と謂ふべし」|次の章「古者、言をこれ出ださざるは

現代語訳・朗読:左大臣光永