賢を見ては斉しからんことを思い

子曰、見賢思斉焉、見不賢而内自省也、

子の曰わく、
賢を見ては斉しからんことを思い、
不賢を見ては内に自ら省みる。

現代語訳

先生がおっしゃった。
すぐれた人を見たら自分もこんなふうになろうと思い、
つまらぬ人を見たら自分の中にも似たような欠点が無いか、省みるのだ。

語句

■賢 徳のある人

前の章「君子は義に喩り、小人は利に喩る」|次の章「父母に事うるには幾くに諌め…

現代語訳・朗読:左大臣光永