士、道に志して、悪衣悪食を恥ずる者は

子曰、士志於道、而恥悪衣悪食者、未足与議也、

子の曰わく、
士、道に志して、悪衣悪食を恥ずる者は、
未だ与に議るに足らず。

現代語訳

先生がおっしゃった。
「いやしくも道に志す身でありながら、
粗末な衣類や食事を恥じるようでは、
そういう者とは語る価値もない」

語句

■士 学問するもの。

前の章「朝に道を聞きては夕べに死すとも可なり」|次の章「君子の天下に於けるや、適も無く、莫も無し

現代語訳・朗読:左大臣光永