我れ未だ仁を好む者、不仁を悪む者を見ず

子曰、我未見好仁者悪不仁者、好仁者無以尚之、悪不仁者其為仁矣、不使不仁者加乎其身、有能一日用其力於仁矣乎、我未見力不足者、蓋有之乎、我未之見也、

子の曰わく、
我れ未だ仁を好む者、
不仁を悪む者を見ず。

仁を好む者は、以てこれに尚(くわ)うること無し。
不仁を悪む者は、其れ仁を為す、
不仁者をして其の身に加えしめず。

能く一日も其の力を仁に用うること有らんか、
我れ未だ力の足らざる者を見ず。

蓋しこれ有らん、
我れ未だこれを見ざるなり。

現代語訳

先生がおっしゃった。
「仁を好む者も不仁を憎む者も、
私はいまだに見たことが無い。

仁を好む者は、もうそれ以上加えることは無いし、
不仁を憎む者は、自然と仁を行なうようになる。
不仁者の悪影響を受けないからだ。

ためしにたった一日でも、その力を仁のために使ってみなさい。
力が足りない者など、私は見たことがない。

もしかすると、そういう人も
いるかもしれないが…。

私はいまだに見たことが無いのだ」

語句

■尚うる 勝る。 ■蓋し あるいは。

前の章「君子、仁を去りて悪(いず)くにか名を成さん」|次の章「人の過つや、各(おのおの)其の党(たぐい)に於いてす

現代語訳・朗読:左大臣光永