君子、仁を去りて悪(いず)くにか名を成さん

子曰、富與貴、是人之所欲也、不以其道得之、不處也、貧與賤、是人之所惡也、不以其道得之、不去也、君子去仁、惡乎成名、君子無終食之間違仁、造次必於是、巓沛必於是、

子の曰わく、富と貴きとは、是れ人の欲する所なり。其の道を以てこれを得ざれば、処らざるなり。貧しきと賤しきとは、是れ人の悪む所なり。其の道を以てこれを得ざれば、去らざるなり。君子、仁を去りて悪(いず)くにか名を成さん。君子は食を終するの間も仁に違(たが)うこと無し。造次にも必ず是(ここ)に於いてし、顛沛にも必ず是に於いてす。

現代語訳

先生がおっしゃった。富と尊い身分とは、人のほしがるところだ。しかし、正当なやり方でこれを得たのでなければ、その立場に安住することはない。貧しさと賤しい身分は人の憎むところだが、怠惰などのため自業自得でそうなったのでないのなら、たとえ貧しさ卑しさの中にあっても、そこから立ち去ることはしない。君子たるもの、仁を去ってどこに名を成すというのか。君子は食事を終えるまでの間も仁に違うことは無い。大事が起こっても、艱難にあってさまよっている時でも、仁から外れることは無い。

語句

■貴き 高い身分。 ■賤しい 賤しい身分。 ■造次 いそがしくあわただしいこと。 ■顛沛 艱難にあってさまよい歩くこと。

前の章「苟に仁に志せば、悪しきこと無し」|次の章「我れ未だ仁を好む者、不仁を悪む者を見ず

現代語訳・朗読:左大臣光永