仁者は仁に安んじ、知者は仁を利とす

子曰、不仁者、不可以久處約、不可以長處樂、仁者安仁、知者利仁、

子の曰わく、不仁者は以て久しく約に処るべからず。以て長く楽しきに処るべからず。仁者は仁に安んじ、知者は仁を利とす。

現代語訳

先生がおっしゃった。仁の無い者は、長い間貧乏していると心がすさみ賤しくなる。また、長く富んでいるとおごりたかぶる。なので仁の無い者は長く貧乏すべきではないし、長く富むべきでもない。一方仁のある者は仁の中にあって安定しているし、知恵のある者は仁の利点を知って利用しようとする。だから、仁のある者は長い間貧乏しても長い間富んでいても、どちらも、大丈夫だ。

語句

■約 貧しい状態。 ■楽 富んでいる状態。 ■仁を利す 仁を良いものと知って利用しようとする。

前の章「仁に里(お)るを美(よ)しと為す」|次の章「惟だ仁者のみ能く人を好み、能く人を悪む

現代語訳・朗読:左大臣光永