子、魯の大師に楽を語りて曰わく

子語魯大師樂曰、樂其可知也、始作翕如也、從之純如也、皦如也、繹如也以成、

子、魯の大師(たいし)に楽を語りて曰わく、楽は其れ知るべきのみ。始めて作(おこ)すに翕如(きゅうじょ)たり。これを従(はな)ちて純如(じゅんじょ)たり、皦如(きゅうじょ)たり、繹如(えきじょ)たり。以て成る。

現代語訳

先生が魯の音楽長に音楽についておっしゃった。「音楽はわかりやすいですね。演奏のしはじめは音が盛んであり?本格的に演奏が始まると各楽器がよく調和し、音がはっきりしてきて、そのまま続いていき、そして一節が終わります」

語句

■魯の大師 魯の音楽長。 ■知るべし わかりやすい。 ■始めて作(おこ)す 演奏をはじめる。 ■翕如(きゅうじょ) 意味不明。盛んであること? ■従つ 本格的に演奏が始まること。 ■純如(じゅんじょ) 各楽器が調和していること。 ■皦如(きゅうじょ)たり はっきりしていること。 ■繹如(えきじょ)たり ずっと続くこと。

前の章「管仲の器は小なるかな」|次の章「儀の邦人、見えんことを請う

現代語訳・朗読:左大臣光永