關雎は楽しみて淫せず

子曰、關雎樂而不淫、哀而不傷、

子の曰わく、關雎(かんしょ)は楽しみて淫せず、哀しみて傷(やぶ)らず

現代語訳

先生がおっしゃった。『詩経』の關雎(かんしょ)の詩は、楽しくても踏みはずさず、哀しくても哀しさのあまり心を痛めるということはなく、よく調和が取れている。

語句

■關雎 『詩経』周南の最初の篇名。 ■淫 楽しさが過ぎて道をふみはずすこと。 ■傷(やぶ)らず 哀しみのあまり心が乱されること。

前の章「君、臣を使うに礼を以てし、臣、君に事うるに忠を以てす」|次の章「哀公、社を宰我に問う

現代語訳・朗読:左大臣光永