祭ること在すが如くし

祭如在、祭神如神在、子曰、吾不與、祭如不祭、

祭ること在すが如くし、神を祭ること神在すが如くす。子の曰わく、吾れ祭に与らざれば、祭らざるが如し。

現代語訳

先祖を祭る時はあたかもその先祖が目の前におられるように行い、先祖以外の神を祭る時は、目の前にその神がおられるように行う。先生がおっしゃった。私は自分が祭るべき時に事情があって他の人に代理を頼んだりして自分で祭ることができないと、その祭礼に参加しなかったような気分になる。

語句

■祭 先祖を祭る。 ■神 先祖以外の神。

前の章「【示+帝】之説」|次の章「罪を天に獲れば、祷る所なきなり

現代語訳・朗読:左大臣光永