林放、礼の本を問う

林放問礼之本、子曰、大哉問、礼与其奢也寧倹、喪与其易也寧戚、

林放、礼の本を問う。
子の曰わく、大なるかな問うこと。

礼は其の奢らんよりは寧ろ倹せよ。
喪は其の易めんよりは寧ろ戚(いた)め。

現代語訳

林放が礼の本質について質問した。
先生はおっしゃった。

「なんという大きな質問だろう!
礼の精神からいくと贅沢をやめて質素にすべきだ。
喪は細々した形式にこだわるよりも、
悼み悲しむ気持ちを大事にすることだ」

語句

■林放 魯の人。字は子丘。 ■倹 倹約する。 ■易める 儀式や作法にのっとる。 ■戚む 痛み悲しむ。

前の章「人にして仁ならずんば」|次の章「夷狄の君あるは、諸夏の亡きに如かざるなり

現代語訳・朗読:左大臣光永