民をして敬忠にして以て勧ましむるには、これを如何

季康子問、使民敬忠以勸、如之何、子曰、臨之以莊則敬、孝慈則忠、舉善而教不能則勸、

季康子問う、民をして敬忠にして以て勧ましむるには、これを如何。子の曰わく、これに臨むに荘を以てすれば則ち敬す、孝慈なれば則ち忠あり、善を挙げて不能を教うれば則ち勧む。

現代語訳

季康子がご質問した。民を上に対して敬虔で忠実で、かつ善を行うようにさせるには、どうしたらよいのか。

先生がおっしゃった。荘重で威厳ある態度で民に接し、民に対して慈愛深くすれば、民は上に対して忠実となります。また、よい行いをする者を採用し、よい行いをしない者をよい行いをするように教えれば、民は善を行うようになります。

語句

■季康子 魯の家老。季孫子。名は肥。康は諡。 ■敬忠 上に対して敬虔で忠実なこと。 ■勧 善を行う。 ■荘 荘重な威厳のある態度。 ■孝慈 慈愛深くすること。

前の章「直きを挙げて諸れを枉れるに錯けば則ち民服す」|次の章「孝なるかな惟れ孝

現代語訳・朗読:左大臣光永