これを知るをこれを知ると為し…

子曰、由、誨女知之乎、知之為知之、不知為不知、是知也、

子の曰わく、
由よ、汝にこれを知ることを誨えんか。

これを知るをこれを知ると為し、
知らざることを知らずと為せ。
是れ知るなり。

現代語訳

先生がおっしゃった。

由よ、お前に【知る】ということを教えようか。

知っていることを「知っている」とし、
知らないことを「知らない」とするんだ。

これこそが、【知る】ということだ。

語句

■由 子路の名を呼びかけている。子路は姓を仲、字を子路という。子路は勇み足で知らないことも知っているという傾向があったようだ。そんな子路への戒めの言葉である。 ■女 汝と同じ。

前の章「異端を攻むるは斯れ害のみ」|次の章「言に尤寡なく行に悔なければ、禄は其の中に在り

現代語訳・朗読:左大臣光永