人焉んぞ廋さんや

子曰、視其所以、觀其所由、察其所安、人焉廋哉、人焉廋哉、

子の曰わく、其の以す所を視、其の由る所を観、其の安んずる所を察すれば、人焉んぞ廋さんや、人焉んぞ廋さんや。

現代語訳

先生がおっしゃった。人を見る時は、その人の行為をまず見る。次にその行為を行った動機を見る。そして心の落ち着きどころを観察する。このようにすれば、人の本質は、どうして隠すことができようか。どうして隠すことができようか。

語句

■以す所 行為。 ■由る所 動機。 ■安んずる所 気持ちの落ち着きどころ。

前の章「回や愚ならず」|次の章「温故知新

現代語訳・朗読:左大臣光永