孟懿子、孝を問う

孟懿子問孝。子曰。無違。樊遲御。子告之曰。孟孫問孝於我。我對曰無違。樊遲曰。何謂也。子曰。生事之以禮。死葬之以禮。祭之以禮。

孟懿子、孝を問う。子の曰わく、違うこと無し。樊遅、御たり。子これに告げて曰わく、孟孫、孝を我れに問う、我れ対えて曰わく、違うこと無しと。樊遅が曰わく、何の謂いぞや。子の曰わく、生けるにはこれに事うるに礼を以てし、死すればこれを葬るに礼を以てし、これを祭るに礼を以てす。

現代語訳

孟懿子が親に孝をつくす道を尋ねたので、先生がおっしゃった。背かないようなさいと。樊遅は孔子の御者であったので、孔子はこれに告げておっしゃった。孟孫が私に孝について尋ねた。私はそれに答えた。背かないようになさいと。樊遅が言った。「どういう意味ですか」先生がおっしゃった。「親が生きている間は礼をもって仕え、死ねば礼をもって葬り、礼をもって祭るということだ」

語句

■孟懿子 孔子の仕えた魯の国の家老。名は何忌。懿は死後の諡(おくりな)。魯の国では孟孫・淑孫・季孫が三家と称して実力者であった。 ■樊遅 孔子の門人。名は須。 ■御 車の御者。

前の章「十有五にして学に志す」|次の章「父母には唯だ其の病をこれ憂えしめよ

現代語訳・朗読:左大臣光永