詩三百、思い邪なし

子曰、詩三百、一言以蔽之、曰思無邪。

子の曰わく、
詩三百、一言以てこれを蔽う、
曰く思い邪なし。

現代語訳

『詩経』に三百篇の詩があるが、
その全部の内容を一言で言うと、

「心に邪念が無い」ということだよ。

語句

■詩三百 『詩経』には三百十一篇あり、そのうち六篇は文句が無い。文句があるのは三百五篇。 ■一言 一句。 ■蔽う 全体を総括する。

前の章「政を為すに徳を以てすれば」|次の章「これを道びくに徳を以てし

現代語訳・朗読:左大臣光永