君子、重からざれば則ち威あらず

子曰、君子不重則不威、学則不固、主忠信、無友不如己者、過則勿憚改。

子の曰わく、
君子、重からざれば則ち威あらず。
学べば則ち固ならず。

忠信を主とし、己に如かざる者を友とすること無かれ。

過てば則ち改むるに憚ること勿かれ。

現代語訳

上に立つ者はどっしりと構えていないといけない。
でなければ威厳が無くなる。

よく学問して、頑固になることを避けないといけない。

誠実を生きる信条とし、自分より劣った者を友とするな。

間違えた時はぐずぐずせず、すぐに改めよ。

前の章「未だ学ばずと曰ふと雖も…」|次の章「終わりを慎み遠きを追えば

現代語訳・朗読:左大臣光永