未だ学ばずと曰ふと雖も…

子夏曰。賢賢易色。事父母能竭其力。事君能致其身。與朋友交。言而有信。雖曰未學。吾必謂之學矣。

子夏曰はく、賢を賢として色に易(か)へ、父母に事(つか)て能く其の力を竭(つ)くし、君に事へて能く其の身を致し、朋友と交はるに、言ひて信有らば、未だ学ばずと曰ふと雖(いへど)も、吾は必ず之(これ)を学びたりと謂(い)はん。

現代語訳

子夏が言った。優れた人を優れた人として慕い、好色なことを好む心にかえ、父母にせいいっぱいに尽くし、君主に誠心誠意お仕えし、友人と交際するのに言ったことは必ず守る誠実さがあれば、いまだ学んでいないとしても、私はきっとその者は学問したと評価するだろう。

語句

■子夏 孔子の弟子。姓を卜。名を商。子游(しゆう)と並び、文学で知られた人。孔子より44歳若い。 ■其の力を竭くし せいいっぱいに尽くし ■身を致す 誠心誠意仕える。 

前の章「弟子、入りては則ち孝、出でては則ち弟」|次の章「君子、重からざれば則ち威あらず

現代語訳・朗読:左大臣光永