日に三たび吾が身を省る

曾子曰、吾日三省吾身、爲人謀而不忠乎、與朋友交而不信乎、傳不習乎、

曾子の曰わく、
吾れ日に三たび吾が身を省る。
人の為に謀りて忠ならざるか、
朋友と交わりて信ならざるか、
習わざるを伝うるか。

現代語訳

曾子が言った。
「私は毎日三度、自分を見つめ直します。

人のために真心から考えて行動できなかったのではないか、
友人との交際する時、誠実で無かったのではないか、
よく復習しもしないことを、知ったかぶりして
人に吹聴しなかったろうか、と」

語句

■曾子 孔子の弟子。名を参(しん)、字(あざな)を子興(しよ)。孝行で知られた。 ■日 毎日。 ■謀る 考える。計画する。相談に乗る。 ■伝える 師から教えを受けたこと。 ■習う 習熟・復習。

前の章「巧言令色鮮なし仁」|次の章「民を使うに時を以てす

現代語訳・朗読:左大臣光永