君子は本を努む

有子曰、其為人也、孝弟而好犯上者、鮮矣、不好犯上而好作乱者、未之有也、君子務本、本立而道生、孝弟也者、其也仁之本与、

有子が曰わく、
其の人と為りや、孝悌にして上を犯すことを好む者は鮮なし。
上を犯すことを好まずして、乱を作すことを好む者は、
未だこれ有らざるなり。
君子は本を努む。本立ちて道生ず。
孝悌なる者は其れ仁の本たるか。

現代語訳

有子が言った。
人柄として両親や年長者を大切にする…
こういう人の中に、目上に逆らうのを好む人は少ない。

目上に逆らうのを好まない人の中に、
争い事を引き起こすことが好きな人は、皆無である。

君子は根本のところで努力するものだ。
根本がしっかりしていて、
初めて個々の進むべき道が見えてくる。

両親や年長者を大切にする人柄は、
仁の根本にあたるものだ。

語句

■孝悌 「孝」は父母を大切にすること。「悌」は兄や年長者を大切にすること。 ■本 根本のところ。枝葉末節でない本質的な部分。

前の章「学びて時にこれを習う」|次の章「巧言令色鮮なし仁

現代語訳・朗読:左大臣光永