学びて時にこれを習う

子曰、學而時習之、不亦説乎、有朋自遠方來、不亦樂乎、人不知而不慍、不亦君子乎、

子の曰わく、
学びて時にこれを習う、亦た説ばしからずや。
朋あり、遠方より来たる、亦た楽しからずや。
人知らずして恨みず、亦た君子ならずや。

現代語訳

先生がおっしゃった。

学んでは折りに触れて復習する。
(だから上達が実感できる)
なんと喜ばしいことだろう。

同じ道を志す友人が、
遠くからひょっこり訪ねてきてくれる。
なんと楽しいことだろう。
(道について語り合うことができるから)

世間の人が認めてくれないからといって
恨み言を言わない。
こういう人をこそ、君子というのだ。

語句

■子 男子の通称。ほとんど孔子を指す。 ■習う 復習する。 ■朋 同じ道を志す理解者。 ■君子 徳の完成した人物。

次の章「君子は本を努む

現代語訳・朗読:左大臣光永